映画

映画で描かれる社会問題について考える

投稿日:

映画で描かれる社会問題について考える

映画は、世の中の社会問題を描写してきました。例えば、人種差別、ジェンダーの平等、貧困など、多くの問題を提起してきました。プログラミングを行ううえで、映画で描かれた社会問題を理解することは欠かせません。以下では、映画を通して学べる社会問題を紹介します。

人種差別

人種差別をテーマにした映画は多くありますが、中でも『ソウル・キッズ(原題:Soul)』は、人種差別とその解決策について話しています。この映画では、主人公のジョミーが「自分たちの仲間を変えることで社会を変えられるのではないか」と考え、旧知の若者5人組と協力して問題を解決していきます。

この映画では、人種差別の問題解決に関して、「互いを尊重しながら尊重を学ぶこと」という地理的・民族的な境界を超えた友情を重視しています。プログラミングを行う際には、文化差異を認めて、他者との対話を行うことも大切です。

ジェンダーの平等

ジェンダーの平等に関して、『オー・ブラザー・ウェア・アート・ショウ(原題:Ocean's 8)』は話題となりました。この映画では、8人のプロの詐欺師(アニー、ダイアナ、ルーベンス、テス、クリスティーナ、ルベル、アマンダ、エイダ)が、ニューヨークの有名なプライベートパーティーの詐欺を行います。この8人はいずれも女性ではありますが、彼女たちはプライベートパーティーで成功を収めることができました。

この映画は、女性が目標を達成するために必要な能力を持っているということを示しています。プログラマーにとっても、女性との生産性を向上させるために、容赦なく作業する努力を重視しましび、効率的な技術的知識を身につけることが大切です。

貧困

貧困をテーマにした映画も多いですが、『ハンニバル(原題:Hannibal)』では、貧困で苦しむ人々を主人公Hannibalが助けるというストーリーが描かれています。Hannibalは、貧困の中で悩む人々を助けるために、自分が貧困にあった過去を思い出し、彼らの気持ちを理解するよう努力します。

プログラミングを行う上でも、貧困の状況を理解することが重要です。プログラマーは、貧困に苦しむ人々を支援するためのタスク管理システムなどを作成する努力を行うことが必要です。また、貧困を解決するためのソフトウェア開発も行うことができます。

以上のように、映画を通していける社会問題は多岐にわたります。プログラミングを行う際は、映画を観たり、本を読んだりして様々な社会問題を学ぶことが重要です。そうすれば、ソフトウェア開発を行う上でもさまざまな社会問題を考えることができます。

ガジェットコミュニティーチャット

LOADING...

-映画

Copyright© 映画情報・レビュー御殿 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.