映画

「映画史に残る名作たち」:名作映画のレビューや解説

投稿日:

映画史に残る名作たち:名作映画のレビューや解説

映画史に残る名作で、今もなお多くの人に愛されている映画のレビューや解説を行いたいと思います。

ラ・ラ・ランド(2016)

作品賞や監督賞など、2016年アカデミー賞で大抜擢された、映画史に残る珠玉の名作『ラ・ラ・ランド』。主演の若き俳優2人のラブストーリーとそれに包まれたホリデーな色彩が万人を魅了しました。ストーリーは、若きアーティストのジミーとミアが憧れのハリウッドで目標を果たすために懸命に努力をする姿を描いています。しかし、彼らが生きる街は孤独の闇と共にあふれていて、希望と現実の境界をすり減らすドラマチックな展開に仕上がります。音楽も素晴らしく、映画館で観られるライブ映像は空間を臨場感あるエンターテイメントへと変えていきます。

星の王子様(1973)

1973年に制作された『星の王子様』は、映画史に残る珠玉の名作です。アニメーションとしては世界初の短編映画としても知られ、その詩的な物語は自然と心に響いていきます。物語の主人公は、小さな星から来た王子様。雨の園で彼と出会った少女ボンジュールは、王子様の悲しみを癒し、彼を宇宙を旅する地球へ導いていきます。果てしない宇宙の旅は、少年たちの心を惹きつけ、王子様の孤独な空想世界からの解放に導きます。表現力溢れる絵画風背景など見どころも多く、子供だけでなく、大人も夢中で追ってしまいます。

アリー・マイ・ラブリー(1977)

1977年に制作された『アリー・マイ・ラブリー』は、映画史に残る名作です。ドナルド・スミスが声を担当したことでも有名な作品で、主人公の架空のバンド「ウィリアムズズ」の驚くべき成功を描いています。しかしストーリーの先を追うと、「ウィリアムズズ」はゆっくりと中止に向かっていき、グループのメンバーは人生の様々な方向へ旅立つことを決意します。そして家族や友人たちも支える中、彼らは偉大なる大地を歩き、さらなる発展を目指していくのでした。この作品には深い感動と共感を覚える場面がたくさんあり、今もなお多くのファンから愛されています。

ガジェットコミュニティーチャット

LOADING...

-映画

Copyright© 映画情報・レビュー御殿 , 2023 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.